R P A

RPA導入支援サービス

RPA(Robotic Process Automation)の力で、提携作業の代行・自動化を実現。

国内実績トップクラスのRPAツール「BizRobo!」のゴールドパートナーとして、

お客さまが抱えている課題の定義から導入・運用・教育までをトータルでサポートします。

img_rpa_ecollege2.png

当社の多くの開発・運用経験を活かし、「BizRobo!」の開発スキルをオンラインで学習できるe-Learningサービス「BizRobo! eカレッジ」を提供しています。

「スケジュールや勤務地の都合上、開催時間や場所が決まっている研修はなかなか受けられない」「自分のペースで学習したい」という方が多い企業様におすすめです!

お客さま課題

img_rpa_case01.png

こまごまとした単純定型業務の種類が多く、付加価値の高い仕事に集中できない。

img_rpa_case02.png

複数のシステムやアプリケーションにまたがるデータ加工、資料作成などに時間がかかる。

img_rpa_case03.png

人手が足りないが採用はできず、既存社員の忙しさは増すばかりで、業務改善する時間すら取れない。

提供サービス

img_rpa03.png

  • 業務分析
  • RPA化検証
  • 自動化したい業務の選定
  • RPA構築
  • RPA研修

※上記過程のうち一部だけのご依頼や、分析手法の教育などの方面でもご支援をしています。

具体的なサービス内容

STEP
1

業務分析

RPAを導入することで、業務プロセスを変更しなくても自動化により改善効果が出せる時代になりました。
実際に、このような考え方で業務分析をクイックに推進すると、効率化の効果を早いタイミングから得ることが可能になります。

STEP
2

RPA化検証

RPAの性質上、試しながらクイックに効果を出していくのが、最も早く効果を創出できる進め方です。
たとえば、下記に記載する項目を検証していきます。

  • 業務・システム面
    • どういった業務を選ぶべきか?
    • どのように自動化したい業務を収集するのか?
    • どの業務で活用できるのか?
    • 自社の主要なシステムで活用できるのか?
    • どれくらいの工数/スピード感で出来るのか?
    • どういった運用ルールにすべきか?
    • RPAに積極的に取り組んだ方をどう評価すべきか?
  • 費用面
    • RPAツールの費用感や、自動化するにあたっての開発費用・開発効率は?
  • 人材・スキル
    • 自社のメンバーでも使いこなせるのか?
    • 外部ベンダーで支援して貰えるリソースが十分にいるのか?

STEP
3

自動化したい業務の選定

まずは現場のお客様に自動化したい業務を洗い出していただきます。
「各部署から自動化したい業務をエクセルなどで提出いただく」手法であれば、多くの部署から効率的に集めることができます。

しかし、「個別部署ごとにヒアリングする」、「RPA相談会(複数の部署を巻きこむ)を開催する」などの手法で、お客様とFace-to-Faceでお話しした方が、より良いアイデアが生まれる可能性があります。

STEP
4

RPA構築

HYBRIDEでは、クライアントの費用対効果を最大限にするという考え方のもと、クライアント企業様とは以下のような役割分担で協力しながら進めさせていただいております。

RPA構築

STEP
5

RPA研修

RPAのスキルアップには、研修が非常に重要です。HYBRIDEには3段階の研修体系があり、わかる⇒できる⇒使えるというステップでスキルアップを目指します。
実践型オーダーメイド研修、実践型ロボット作成オンサイト支援研修では、クライアント企業様の実業務/実システムを題材にしますので、最も高い効果が得られます。

導入実績

・東証一部上場 中古車関連大手企業様
・東証一部上場 デザイン/意匠施工関連大手企業のグループ会社様
・東証一部上場 CRO関連大手企業様
・東証一部上場 ホテル関連大手企業様
・マザーズ上場 保育園関連大手企業様
・外資製薬会社様

・東証一部 建機関連大手企業のグループ会社様(製造業)
・東証一部 食品関連大手企業のグループ会社様(物流業)
・ゼネコン最大手企業様
・住宅メーカー大手企業 地方販社様

パートナー紹介

img_bizrobo.png

RPAテクノロジーズ株式会社

RPAテクノロジーズは国内実績No.1のRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)カンパニーです。「ロボット」と「IT」によって、ホワイトカラーをルーティンワークから解放し、企業を始め社会全体の生産性向上を図り、未来の働き方を変えていきます。