技術の理解とコミュニケーション力の両立

 横浜育ちなので、横浜にある情報処理会社で働きたいと思い、大洋システムテクノロジーを選びました。規模が大きすぎず、社員の声が届きやすい点も希望に合っていました。

 入ってすぐの時はプログラマー職で、2年くらいたってからは開発のチームリーダー、現在はコンサルタントをしています。
 30代前半でリーダーになってからは、自分で何でも解決しようとして、きつかったこともありました。周りに自分の思いを伝えて、目標とする方向に巻き込んでいくことの大切さに気付いてからは、精神的にもとても楽になり、コミュニケーションを十分に取るよう努めるようになりました。

公私のバランスをとり働き続けたい

 年を重ねると開発分野の仕事よりも、コンサルティング業務に興味を持ち始めました。コンサルティング業務はそれまでの職歴や経験を幅広く生かせると思って希望しました。お客様に理解していただける資料作りや、要望を正確にくみ取りニーズに応えるためのコミュニケーション能力、今までに得てきた技術をはじめ、自分の経験すべてが総合的に発揮できる職種だと思います。
 人事給与システムを新システムに乗せ替えたプロジェクトでは、予定通りに本番稼働を迎え、お客様に「無事にスタートしたよ」を感謝されました。苦労が報われた気がしてうれしくて、そんなときに達成感とやりがいを感じますね。

 結婚してからは、家族や家庭のウエートが大きくなっているので、限られた時間のなかでメリハリをつけて仕事をするようになりました。効率的に、業務の優先順位をきっちりつけて進めるようにしています。これからもワークライフバランスをうまくとって、家庭も大切にしながら、仕事を続けていきたいと思っています。

 この会社は、入った時から意見が通りやすく、現場の業務計画をこう直したいとか、人員配置を見直してほしいとか、そのような提案を聞いてもらえたことが、何より働きやすい点だったと思います。それは今でも変わっていません。
 自分で積極的に声をあげれば、チャンスはいっぱいころがっています。新しい仲間には、せっかくのチャンスを逃さないように、誰かに与えられるのを待っていないで、自分から受けて立つ覚悟で、迷わず臆さずチャレンジしてほしい。やりたいことを、大洋でかなえてほしいと思います。