スクリーンショット 2015-06-19 5.09.16

顧客の購買状況の分析による販売力強化サービス(FSPデータの有効活用)

小売業様のPOSデータ(FSPデータ)を活用し、リピート率、優良顧客の購買行動分析、 期間併買分析などを実施する事で、例えば、売上が低い「Cランク商品」であっても、「リピート率が高い商品」や 「店舗のロイヤル顧客が購入している商品」、「短期間に複数回の購入のある商品(固定ファンあり商品)」 などの傾向を把握し一方的にカットしてはいけない商品を発見します。

そのような分析を通し、販売促進の効果検証や効果的な販売キャンペーン実施を行います。 お問合せは、こちらへ

社内iPadアプリ活用支援

HYBRIDEでは、ラーニング・アンケート・カタログ・サイネージなどのiPadアプリを活用して業務の効率化を支援します。 iPadアプリを短期間、低コストで開発可能なため、すぐに着手したい場合に、適したソリューションです。 また、低コストでパイロット運用を始められることも強みで、システム投資のリスクヘッジも行えます。 さらに、各種コンテンツの更新、ラーニング・アンケートの分析レポート作成など、運用面でもご支援します。 小売業の企業様においては、店舗スペースの問題でパソコンを複数設置したくないことから、 iPadの導入を早急に進行したいが、活用方法や投資対効果の検討に時間を要する場合、 低コストかつ短期間に着手できるようにご支援します。 具体的には、販売員の人数が多く、集合研修だけでは、教育が効果的に行えない企業様にもiPadアプリを活用したラーニングは、効果的です。 また、お客様アンケートを店舗で定期的に(紙ベース)実施しているが、集計・分析業務が負荷となっている場合、 iPadアプリ(アンケート)を活用することで、実施回数も増やせて、集計業務もアウトソースできるので、 効率的にサービスや商品の品質向上の検討ができるようになります。 お客様からの生の声がますます重要になってくる時代に最適なソリューションです。 お問合せは、こちらへ

接客力向上、店舗調査

ECサイトでの販売が増加していく中で、実店舗の意味合いが変化してきております。 いままで通りの接客で良いのか、店舗レイアウトもこれまで通りで良いのか? 今一度、実店舗の位置づけを再定義する必要がございます。 HYBRIDEでは、実店舗での接客の状況を調査した上で、より良い接客を構築していきます。 お問合せは、こちらへ

顧客別、商品別利益管理

卸売業においては、各小売業(顧客)が大変多い状況です。 そのような状況の中で、HYBRIDEでは、管理会計の仕組みを導入する事で、顧客毎の売上だけでなく、 顧客毎の利益を把握可能になるようにご支援します。 顧客毎の売上は、各卸売業でも把握されていますが、顧客毎の利益はなかなか把握するのが難しく、 さらに、実際に見える化してみると、大きな売上を出している小売業において、過剰なサービスをしているがゆえに、 赤字になっているというケースも発見されます。 そのような部分から、収益を向上させる仕組みの構築をご支援します。 お問合せは、こちらへ

WEBコンサルティング

ECサイトでの販売を始めたがうまくいっていない、そもそもECサイトを作った事がない。 そのような課題をお持ちの企業様に対して、どのようなサイトにすべきか、 より購入率を向上させるにはどのような施策が必要かなどをご提示します。 お問合せは、こちらへ